Dignity Recognitive Education

AI以降の教育 0=∞=1から始まるGroup Intelligence時代へ

バレンタインといえば

2/14 バレンタインといえば、毎年忘れられないエピソードがあります。

小6の担任をしていた時、

学校では、もちろん学校にお菓子持ち込み禁止ですので、1週間前から持ってこないように繰り返し指導しておきます。特に6年生の女子。

 

当日あきらかに、袋いっぱいにチョコを持ってきている女の子たちが数名いて、

もちろんルール違反のため、学校が終わるまでは私か預かる、溶けてはいけないから、家庭科室で保管、という対応をしました。

 

そうすると

「先生が私たちのチョコを取り上げた、頑張って作ったチョコを渡せなかったら先生のせい!」と校長室に怒鳴り込みで猛抗議。

私も校長も何を言っても聞かない、授業もできない、と、大変な騒ぎになったのです。

 

結局、保護者に連絡し、事情を説明し、お母さまの方から、「先生の言う通り」と言っていただき、やっと納得したのです。

 

袋いっぱいのチョコを何人にも渡すだけでも大変だろうし、本命にはちゃんと渡すこと言っておかないと帰っちゃうから言っておくように、と、念押し。渡せなかったら、全部私のせいにしてしまう勢いです。

 

管理職から指導不足と言われるし、なかなか難しいなぁ、と感じた日でした。

 

今思えば微笑ましい事件です。

日々の信頼関係が作れてなかったのでしょうね。共通土台が一致してないとルールに納得できなく反発してしまいます。 

 

みんな、今頃、ステキ女子になっているかな^_^